日記の限界~なぜブログなのか~

僕は ハイコンテクスト文化の喪失 という駄文を書いて、暗黙の共通認識に頼るに日本語コミュニケーションが、インターネット世界においては通用しない(弊害ですらある)と指摘したけれど、自己完結している精神世界においても、ハイコ … “日記の限界~なぜブログなのか~”の続きを読む

月刊漫画誌「ガロ」

僕はかつて、ガロという月刊漫画誌を時々購入していた。今も手元に残っているのは、1988年1月号だけである。この年の12月に僕は結婚して新居に引っ越したので、漫画も書籍も大部分はその時に処分して今は残っていない。この1冊だ … “月刊漫画誌「ガロ」”の続きを読む

民主主義はバトル・ロイヤルなのか

バトル・ロイヤルはプロレスの試合形式であり、多数のレスラーによる駆け引きが妙味である。 ルールは主催団体によって多様だけれど、僕が少年時代に楽しんでいた日本のものは、最初から参加レスラー全員がリングに上がって開始され、多 … “民主主義はバトル・ロイヤルなのか”の続きを読む

民間ファシズムの根付く国

ドラマや映画で、太平洋戦争当時の日本では英語が「敵性語」として使用を制限されていたという描写があるけれど、当時そういう法律や布告があった訳でもなく、政府や軍部の書類では英語の使用は制限されていなかった。対英米戦争が始まり … “民間ファシズムの根付く国”の続きを読む

ハイコンテクスト文化の喪失

文化人類学にはコミュニケーションスタイルで、ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化に分ける識別法がある。 「コンテクスト」とは「文脈・脈絡・前後関係」などの意味で使われることが多い単語だけれど、ここでは「コミュニケー … “ハイコンテクスト文化の喪失”の続きを読む

This is a pen.

「This is a pen.」っていうのは、僕の子供の頃のドリフターズ荒井注さんのギャグだった。中学英語の初期に習う基本文なので当時の日本人にとっては「初歩の英語」という共通認識があって、英会話が必要なシーンで荒井注さ … “This is a pen.”の続きを読む