箱根八里は僕でも越せる

既に大学2年生になっていて、東京都調布市にアパートを借りていた19歳の頃のことである。静岡市の実家に帰省中だった夏休みのある日、父親と口論になって激怒した僕は家を飛び出し、高校時代に通学で使っていた自転車で調布のアパート … “箱根八里は僕でも越せる”の続きを読む

自己肯定感を得られない理由

僕はずっと「自己肯定感」を求めて、いまだ満足に至らない。これについて反省してみる。僕は他者からの承認体験に乏しいのか。否。黎明期のインターネットでは専門誌に何度か採り上げられ、付録CDにも収録された。仕事でもいくつかの集 … “自己肯定感を得られない理由”の続きを読む

差別と経験則

女性用の刑務所よりも男性用の刑務所のほうがずっと多いので、刑法犯は圧倒的に男性が多いのだろう。だから「犯罪者」という人物像をイメージした時に男性を思い浮かべるのは、経験則として自然な発想だと思う。だからと言って、男性すな … “差別と経験則”の続きを読む