岬とおるの命日

岬とおるの死を知ってから、初めての彼の命日である。 過去13回の命日を、僕は彼の死を知らずに過ごしてきた。 仕方が無いと解っていても、生きている間にもう一度、逢っておきたかったという後悔は拭えない。 今夜は彼の遺作に彩色 […]