令和元年6月3日の朝、紙巻き煙草の最後の一本に火をつけた。
紙巻き煙草は三日ぶりだったけれど、それほど美味くは感じなかった。
今は主にVAPEを嗜んでいて、ニコチン補給のために時々プルームテックのカプセルをVAPEに取り付けて吸っている。
買い置きの紙巻き煙草が勤務先の机の引き出しに仕舞ってあって、その最後の一本を吸い終わった。
別に紙巻き煙草をやめようと、強く決意したわけではない。
でも、これが最後になりそな気がしたので、ここに書いておこうと思った。
大学に入った18歳から喫煙を始めて42年、2005年から5年間ほど禁煙して鬱病となり、喫煙を再開して10年。
今更健康のための禁煙には手遅れだろうけれど、社会環境の変化に少しは合わせていこうかと。
VAPEとプルームテックはしばらく続けるだろうな。