漏れず枯らさず


Serpent Alto RTA のコットンワークはシビアだ。
漏れないようにコットンを詰めすぎると供給不足でドライヒットするし、供給を良くしようとすればエアホールからドロリと漏れ出てくる。
要領としては、ジュースホールをコットンで塞がないように長さを抑えつつ、デッキに直接流入しないようにコットンで防ぐ感じでボリュームを保つことだと思われる。

RBA始める

「自分でコイルを巻くクリアロ」という感覚でRTAを購入しようと考え、まずは難易度の低いシングルデッキのものとしてSerpent Alto RTAを購入。
いつものベプログよりも1000円安かったので、Amazonから購入したのでした。

 

 

 

 

作業台としてオームメーターが必要だと思い、焼き入れも出来る521 mini v2が入った工具セットを購入。
521 mini v2単品でも3,000円前後するから、工具もセットで4,400円は良い買い物だと思う。

 

 

 

 

コイル設置が簡単だとの評判通り、工具セットに付いていた24Gのタンカルワイヤーを付属のコイル冶具で巻いてみる。
冶具の使い方が解らず1回目は不格好だったけど、それで要領が解り2回目で綺麗に巻けた。
感覚的に決めたボリュームだったけど、計測したら1.08Ω。
24Gみたいに太めだと、かなり巻いても抵抗値は低いんだな。
とりあえずサブオームじゃないから採用することにして、焼き入れしてからウィックを詰めてみる。
Serpent Altoはコイル設置が簡単な反面、ウィック設置がシビアらしいので、あらかじめブログや動画で学習はしておいた。
ドリップチップをNautilus2のものに変えて吸ってみる。
供給不足もなく1タンク吸い終わってリキッドチャージしたら、ジュルジュルするし、下についているエアーホールからリキッドが漏れてきた。
ボトムフローという構造は漏れやすいらしいけど、このアトマも例外ではなかった。
試みに、デッキを外して下からリキッドチャージすると、ジュルジュルも漏れも無い。
何故だか解らないけれど、これじゃトップフィル方式の意味無いじゃん(笑)
ちなみにベプログのベイプバンドは、VAPEデビュー品である「eGo AIO オリジナルスターターキット」に付いていたオマケです。
MODは今のところ、Nautilus2のスターターキットZEROSしか持ってないのでござる。

 

さて、今回のアトマ、工具セット(オームメーター込み)、そしてオームメーター用の18650バッテリーとその充電器は、全部アマゾンで購入しました。
実は、我が家にアマゾンの箱が届いたのは初めてなのです。
2017年11月30日、アマゾンデビュー(笑)

Dragon’s Breath

「シナモン強い」という紹介記事だったけど、恐らくはRDAで試飲している業者スタッフの紹介記事は、クリアロユーザーには通用しない。
Nautilus2での感想は「いちごジャム」。
ただ、後味の酸味にシナモンが乗って、チェーンしやすいテイスト。
これはVG70%だけど、PGを加えてVG60%未満に調整。
PGで薄めても、さほど味は変わらず。

さて、RBAを始めようと考えているのだが、アトマイザーはSerpent ALTO RTAがビルドも簡単らしくMTL向けということなので、第一候補としている。
問題は、ビルド用の工具が全く無い点。
セラミックピンセット、オームメーターとワイヤーとコットンぐらいかな。
コイルジグはとりあえず家にある精密ドライバーで足りるような。
ニッパー型爪切りがあるので、とりあえず使ってみて、あとあと精密ニッパーを購入しよう。
どうせ試行錯誤するはず、そして道具が欲しくなるはず。
慌てて買いそろえなくてもいいだろう。

Reaper Blend Tobacco

タークスブランドは高価だし間違いないと思われるので、それ以外のブランドのタバコ味をいろいろ買ってみた結果、現状で一番美味しかったReaper BLENDを大瓶で購入。
僕のVAPEの方向性が定まってきた感じ。

VAPEの甘い匂いが不評(涙)


仕事場では個室を与えられていて喫煙自由だけど、他のスペースへの匂いの流出に気を使ってVAPEにしたのに、甘い匂いが気持ち悪いって(涙)
煙草の匂いのほうがマシだって言うから、煙草系のリキッド買い漁っている今日この頃。

Reaper SIX TABACCO BLEND


ネット通販で購入したリキッドのうち、Reaper SIX TABACCO BLENDは実に良い。
パイプ煙草のフライングダッチマンバーレーミクスチュアのような芳醇で甘いテイスト。
あれからヤニを抜いたような感じ。
煙草に比べて物足りないのはタールであってニコチンではないな。