岬とおる記念館

岬とおるの作品サイトを作りたいと考えていたけれど、故人の希望を想像するに、僕ではなくS君の手によるべきだと考えていた。 S君は岬とおるのパートナーであり、プロデューサーでもあった。岬とおるが作品と呼べる作画を残せたのは、 … “岬とおる記念館”の続きを読む

資本主義は民主主義を滅ぼす

世界には民主主義の国よりも、独裁国家やそれに近い、非民主主義の国のほうが圧倒的に多い。 ソ連の崩壊で冷戦時代が終われば、世界は民主主義で覆われると思っていたけど、甘い幻想だった。国民の民主主義リテラシーが高くなるほどに豊 … “資本主義は民主主義を滅ぼす”の続きを読む

安倍晋三元首相殺害事件に思うこと

情報が溢れる社会になった現在はかえって解りやすい判断基準が求められるために、乱暴な象徴化やレッテル貼りによって、二極化に収斂する動きが生じやすい。政治家や経済人、芸能人やスポーツ選手に完全な「正義の人」もまったくの「悪人 … “安倍晋三元首相殺害事件に思うこと”の続きを読む

節電の夏のオアシス

「節電の夏のオアシス ーエアコンを切ってボウリング場へ行こうー」というキャッチコピーは、ずいぶん前に僕が作ったものだ。 コロナ禍が下火になるとともに集客の回復を狙うボウリング場から、以前作ったポスターと同じものを依頼され … “節電の夏のオアシス”の続きを読む

君主制と切り離して皇室を守る

「天皇家」は日本書紀の成立した時からでも、既に1300年は経過しており、実在した可能性が学術的にも高いとされる崇神天皇からでも、1700年以上の歴史がある。 そういう家系を「文化遺産」として尊重する考え方を、僕は否定しな … “君主制と切り離して皇室を守る”の続きを読む

戦争に負ける「価値」

第一次大戦でのドイツの敗戦は、多くのドイツ国民にとって意外なものだった。 東部戦線ではロシア帝国を圧倒し、ロシア帝政崩壊後の内戦を制したボルシェビキ政権が一方的に休戦したので、領土を得た勝利状態だったし、西部戦線でもパリ … “戦争に負ける「価値」”の続きを読む

人が信じるような神はいない

アフリカや南米や中東、チベットやウィグル、最近ではウクライナの報道を見ると、願わくば「神」が存在して、その力で安寧な暮らしをもたらして欲しいと思うのだけれど、どうやらそれは無理なことのようだ。 信者でない者に「信仰しない … “人が信じるような神はいない”の続きを読む

具象表現での省略と象徴化が目標

デジタルでのお絵描きは物理的なスペースを必要とせず、画材を片付ける手間も無いところが気に入っている。 その反面、デジタル作品は主にネットを使って公開するので印刷メディアと同様に「複製」が前提であるうえに、アナログ作画のよ … “具象表現での省略と象徴化が目標”の続きを読む